Rec-POT R とDMR-BW200でi.LINK 12月25日(月)

LC-32GS20を買ったので、Rec-POT RからDMR-BW200への

i.LINKでのMOVEを試してみた。(コピーワンスの番組)

できた。当然。



Rec-POTに録ったのはいいけど、ブラウン管テレビだったのでRec-POTのメニューを

表示して制御できなかった。Rec-POTとBW200の直接接続ではだめなんだよね。

LC-32GS20を買ったので、やっと出来るようになった。

このためにデジタルチューナーでも買うしかないか、とも考えていた。


MOVEは、LC-32をTS1に設定、Rec-POTでMOVEを実行するだけ。簡単。


そういえば、Blu-rayの50GB生ディスクが入荷した、と連絡が入っていた。

受け取りに行かなきゃ。いつ発注したのかも忘れるくらい前だ。

やっと50GB-BD化を開始できる。


LC-32GSで1125P(1080P)接続すると、画面にノイズが入って、

音が途切れるときがある。

入力を何度か切り替えたりすると、直る場合がある。

1125P接続はダメなのか?

取説を読まなきゃね。


機能まではモニターだったが、B-SACカードを入れてアンテナ線を接続した。

なので、今日からTV。


シャレで、地上アナログ放送のチャンネル設定をやってみた。

すげぇ汚い画像。ゴーストバリバリ。

もう、アナログなんて”ありえない”って感じです。

そもそも、分配してカスケードしてるから、レベルが低いんだよね。


これにて、デジタル化完了。


あ、ライオン丸G やってる。

串田さんの歌、全く違和感がない。昔のと同じに聞こえる。

気のせい?記憶の混乱?

最終回だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック